スマホを購入したらケースを付けるのはいまや当たり前のようになっています。決して安くないスマホですが、普段使っているとどうしても破損のリスクはあるもの。それを避けるためと自分らしさで他人との差別化を図るのが主な役割でしょう。とはいえ、その種類は様々です。手帳型やジャケット型、材質も色々。さらに自分に合ったデザインや機能性を考えると頭が痛くなります。そのため、はっきりと目的が決まっているならいいのですが、どれにしようかと悩む人も多くいます。しかし、はっきり言って悩む人はどのタイプを選んだとしても悩んでしまいます。なら、いっそのこと目的を絞っちゃいましょう。今回はそんなケースの中でも丈夫で使い勝手の良いスマホケースをご紹介したいと思います。

手帳タイプのメリット・デメリット

現在の主流といえるほどよく見かけるのがこの手帳タイプです。メリットとしてはデザイン性が高く、種類が多いこと。それに、スマホ全体をカバーするので万が一落としたときなども破損や故障がしにくくなっています。一方で、スマホを使うたびにカバーを開かなくてはいけません。通話の際もカバーが邪魔になることがあります。女性など常にバッグの中に入れておくような場合には、バッグ内で傷が付かないというメリットはありますが、出し入れが面倒なのも確かですね。このタイプは、スマホを頻繁に出し入れするのではなく、まとまった時間に使う人に向いています。出し入れがネックだと感じる人はbluetooth機能を搭載したマイク付きイヤホンなどと併用すると便利です。手帳型のスマホケースはライトユーザー向けといっていいでしょう。

ジャケットタイプなら使い勝手は抜群

ジャケットタイプのケースは背面からかぶせるタイプで、ディスプレイ部分はむき出しになります。しかし、スマホを手にとってすぐに使える点や、全体的に厚みもないのでポケットなどにも収まりやすいのが特徴です。このジャケットタイプの中でもシリコン素材や熱可塑性ポリウレタンと呼ばれるやわらかい材質を使ったケースがおすすめです。シリコンや柔らかさがあり、熱可塑性ポリウレタンはシリコンとポリカーボネート(硬質プラスチック)の中間といった感じです。どちらも弾力性があるので衝撃に強いのがメリットです。反面、素材そのものの劣化が起きやすいのがデメリットといえますが、コストが安いので買い替えも楽です。ディスプレイは保護フィルムで守れば基本的には大丈夫です。また、自分の車に取り付けてカーナビとして使用する際もジャケットタイプなら簡単です。丈夫で使い勝手の良いスマホケースということならこちらをおすすめします。